読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たぶログ

おすすめのポケモンブログです

Nヘルパー

f:id:poketab:20160630200243p:plain
トリプルレートにて使用

リザードン  控えめHBS  かえんほうしゃ/めざめるパワー地面/おいかぜ/はねやすめ リザードナイトY
ドククラゲ  わんぱくHAB たきのぼり/どくづき/つぼをつく/しんぴのまもり     ラムのみ     クリアボディ
ニンフィア  控えめHBS  ハイパーボイス/ムーンフォース/バトンタッチ/みきり   たべのこし
■FCランドロス 意地HBDS  じしん/いわなだれ/はたきおとす/まもる         オボンのみ
ギルガルド  臆病CS     シャドーボール/ラスター/せいなるつるぎ/にほんばれ   こだわりスカーフ
ハリテヤマ  勇敢ABD   インファイト/はたきおとす/ねこだまし/ワイドガード   カゴのみ     あついしぼう


f:id:poketab:20160630200748p:plainドククラゲ
177(172)-103(100)-121(196)-x-141(4)-125(36) わんぱく ラムのみ
たきのぼり/どくづき/つぼをつく/しんぴのまもり

ニンフィアを見るとつつかずにはいられない性格をしている。今回は「どくづき」の他に「つぼをつく」を採用することでニンフィアとの同居に成功した。「つぼをつく」は「まもる」を貫通する技のため、基本的には守る残飯ニンフィアの育成に勤しんでもらう。攻撃が上がったらランドロスにバトンタッチしよう。


総評
ニンフィアが普通に強いためほとんどバトンなどする機会がない。そして攻撃を上げてランドロスにバトンする展開より回避率を上げて運ゲーすることの方が遥かに多く、やってる側もやられている側も釈然としない最悪のPTだった。なおドククラゲの自慢の「どくづき」は、Aにあまり割いていないと想像を絶するほど弱い。

ラティアスムウマ

f:id:poketab:20160425182328p:plain
シャドーボールハイパーボイスさえなければ活躍できるポケモントリプルバトルにはたくさんいます。

ラティアス   臆病CSベース サイコキネシス/めいそう/みがわり/はねやすめ   ラティアスナイト
ムウマ    穏やかHBDS  シャドーボール/ハイパーボイス/トリル/ふういん  しんかのきせき
■FCランドロス 意地HDベース じしん/がんせきふうじ/ばかぢから/とんぼがえり  こだわりハチマキ
トゲキッス  穏やかHBDS  マジカルシャイン/おいかぜ/このゆびとまれ/しんぴ ラムのみ
ドクロッグ  意地HBD     けたぐり/どくづき/ねこだまし/ちょうはつ     オボンのみ
ヒードラン  ひかえめCS   ねっぷう/ラスターカノン/だいちのちから/まもる  シュカのみ


かげうちギルガルド、シャドークローギルガルドくらいまではともかく、ニダンギルにまでマッチするとは思わなかったので頭を抱えることになった。

キュウコンテングテラキ

f:id:poketab:20160618060411p:plain
トリプルレートにて使用

キュウコン  控えめHBC ねっぷう/かえんほうしゃ/オーバーヒート/めざ地面  こだわりメガネ
テラキオン  陽気HABS  いわなだれ/インファイト/がんせきふうじ/アイへ   こだわりハチマキ
ダーテング  控えめHBS リーフストーム/ふくろだたき/ねこだまし/おいかぜ  ラムのみ
カメックス  控えめHCS しおふき/あくのはどう/れいとうビーム/ねこだまし  カメックスナイト
■FCランドロス 意地HBDS ばかぢから/がんせきふうじ/とんぼがえり/すなあらし オボンのみ
ギルガルド  控えめHCS シャドボ/ラスター/ワイドガード/キングシールド   カゴのみ

キュウコンテラキオンはほぼ独立したアタッカーになっている。これを高速猫騙しでサポートするのがダーテング。基本的に序盤はスカーフドーブルをも抜き去る猫騙しから高火力を押し付け、終盤頭数が減った段階でテングテラキが残っているならふくろだたきを勝ち筋として活用していくイメージ。

2枚猫に守られた眼鏡キュウコンは鬼のように強く、叩き選択でなくねこだましや追い風から展開していく流れ、そしてなんだかんだで終盤までテングテラキが割と生き残る試合運びも想定通り上手くいってはいたのだが、25戦やってはじめてテラキオンにふくろだたきを撃つ機会が来たくらいに叩かない叩きパだったためなんとも言えないしこりが心に残った(勝負自体はそのうち19勝だったのでそこそこ強かった)。


選出
キュウコン/テラキオン(ランドロス)/ダーテング
カメックス/ランドロス(ギルガルド)/ダーテング
のどちらかが基本。


総評
キュウコンはともかく、ダーテングがそれなりに強いことに驚いた。早いねこだましの時点で弱いわけはないのだが、ガルーラを4~5割削るリーフストームも有用で(これでもかなりCを落としている)、炎岩と合わせた時の攻撃範囲が優れているためかゆいところに手が届く。また弱点7・耐性7という両極端な固有タイプは、「次のサポートをする体力が残る」か「上から追い風をしてそのまま落ちる」という形で発揮されることが多く、考えようによっては邪魔になりにくいメリットがある(でも流石に弱点7つは悪い冗談かと思った)。ただ申し訳程度のドーブル耐性を出すためだけにラムを持たされているので不安定な面も目立ったのは否定できない。やはりタスキなのか…?

ミミガルドラン

f:id:poketab:20160607033618p:plain
2パターン試した。やってることは同じ。
右下によくわからない木が生えている点を説明しておくと、ここは特大夢パンプジンを採用しようかと思ったのだが、夢特大個体を持っていなかったので、なんか似てるポケモンを放り込んだ。使った感じ、パンプジンにしたところで別段良くなるとも思えなかったので、そのまま画像にした。

ミミロップ 陽気HABS  とびひざげり/けたぐり/ねこだまし/あまごい   ミミロップナイト
ギルガルド 控えめHCS シャドボ/ラスター/ワイドガード/キングシールド いのちのたま
ヒードラン 控えめCS   ねっぷう/ほうしゃ/ラスター/オーバーヒート   こだわりメガネ
トゲキッス 図太いHDS マジカルシャイン/おいかぜ/このゆび/にほんばれ カゴのみ
ランドロス 意地HBDS  じしん/がんせきふうじ/はたきおとす/とんぼ   とつげきチョッキ
ブルンゲル 穏やかHBCD しおふき/しんぴ/じこさいせい/トリックルーム  ラムのみ


 ■トゲキッス 図太いHDS マジカルシャイン/おいかぜ/このゆび/しんぴ  ラムのみ
 ■ギャラドス 意地HABS  たきのぼり/おんがえし/アイアンヘッド/ほえる こだわりハチマキ
 ■オーロット 生意気HBD ウッドハンマー/おにび/トリックルーム/まもる オボンのみ


f:id:poketab:20160607032716p:plainミミロップ
171(244)-101(36)-114(76)-x-117(4)-158(148) ミミロップナイト じゅうなん→きもったま
メガシンカ時:171(244)-161(36)-124(76)-x-117(4)-191(148)
とびひざげり/けたぐり/ねこだまし/あまごい
初ターンで最速91族抜き メガシンカ後最速121族抜き
陽気メガガルーラの親子愛すてみタックルをほぼ耐え
ねこだまし+けたぐりで181-121メガガルーラを確定
とびひざげりで198-121までのメガガルーラを確定1発 138-171までのギルガルドを確定1発
けたぐりで170-127までのヒードランを確定1発

ゲーム上の表示は「ミミロップ」になっているが、これは多分バグか何かで、その実態はメガコジョンドである。ガルーラと違って初手ガルーラ対面がそこまで不毛じゃない・ワイドガードを連打しているようなギルガルドにも打点が高いという二点に注目すると、ガルーラ以上にギルガルドヒードランとの相性が良いと思った。特にギルガルドとの相性は素晴らしく、ガルーラに猫を撃っておけばきもったま猫騙しが飛んでくることはないし、いきなり飛び膝・隣に猫騙しといった択も考えると(初手に関しては)かなり圧力が高い。なのでこの鋼ポケモン2匹を最も単体性能の高い珠・眼鏡として構築スタート。
技構成の4枠目でもっと個性を主張しても良かったが、今回は普通のグッドスタッフを目指したのでPTの穴を埋める形であまごいになった。



~使ってみて~
とにかく水が重い。いちばん上の6匹を見ればわかるが、誰も水タイプを倒せる気がしない(おかげでその下のオーロットが神に思えた)。そして今のトリプルレートはガルーラと1回当たる間にニョロトノと3回くらい当たる環境なので(マジで)、ほんとにキツかった。ていうか、ガルーラスタンも水が重めとか言われがちなんだから、親子愛捨て身のないミミロップじゃそりゃダメだろという感じではある。
改善方法はいくつか考えられるが、どれも問題がある。
トゲキッスをサンダーにする→叩き耐性を妥協しないといけない。また、サザンドラが非常に重くなる。
②眼鏡ヒードランを眼鏡ニンフィアにする→ファイアロー耐性・フェアリー耐性のどちらかを埋めきれなくなる。
ミミロップににほんばれ搭載→雨選出相手に上から撃てるわけではないし、打点が足りてない方が問題なので解決になっていない。


f:id:poketab:20160612230445p:plain
一応②のメガネニンフィアパターンは試したのだが、案の定ファイアローリザードン(そしてファイヤー)が重めでイマイチだった。上の2つほどガルドが強い動きもできなかったし、グッドスタッフ的に組むミミロップ構築はこの辺りが限界かなあということで全て解散という運びになった。
ただ補完で採用した普通ボーマンダが思いの外悪くない使用感だったので、なんだかんだ得るものはあったなという感じ。このボーマンダについてはそのうち別のPTで紹介します。


余談ですが、メガミミロップの「あまごい」モーションは非常に美しいため、ミミロップファンの人はチェックしておきましょう。
女神を名乗るだけのことはある。

雨クレッフィクチート

f:id:poketab:20160530191507p:plain
トリプルレートにて使用

ニョロトノ ひかえめHBC ねっとう/なみのり/みずのはどう/てだすけ    しんぴのしずく
■ルンパッパ ひかえめHBS ねっとう/エナジーボール/ねこだまし/あまごい  オボンのみ
クレッフィ ひかえめHCS ラスター/マジカルシャイン/ひかりのかべ/しんぴ いのちのたま
クチート  ゆうかんHA   アイアンヘッド/じゃれつく/ふいうち/まもる   クチートナイト
サザンドラ ひかえめHBS あくのはどう/りゅうのはどう/だいち/りゅうせい こだわりメガネ
クレセリア なまいきHBC サイキネ/スキスワ/あまごい/トリックルーム   ラムのみ


f:id:poketab:20160601010008p:plain
146(108)-x-112(4)-145(252)-108(4)-113(140) いのちのたま
ラスターカノン/マジカルシャイン/ひかりのかべ/しんぴのまもり

ひかりのかべ込みでサザンドラのメガネ大地を確定耐え
壁なしでニンフィアのメガネハイボを2耐え
ラスターカノンでニンフィアに112~135 ガルーラに71~86
準速60族抜き

雨下のクレッフィはかなりの行動保障があり、複数回動けることも多い割に、場で腐っているところをよく見かけるので攻撃参加させた。火力は珠を持っても全振りトゲキッスマジカルシャイン、ラスターも全振りFCロトムの10万ボルト程度だが、雨パの苦手部分を補完しており、補助技2つも便利でなかなか強いポケモンだった。


このPTに関して言うと、タイプが偏っていることもあり、ナットレイマリルリが重いという雨パあるあるが発生したり、眼鏡エンペルトを相手にして途方に暮れたりと、あまり安定しなかった。
もう一つ重要そうな反省点を上げるなら「りゅうせいぐん」と「じゃれつく」の命中率が弱い。これは別に運の悪さを嘆きたいわけではなく、数値の低い雨PTで最高打点の崩し技2つが両方命中不安だと、その外しが致命的になりがちなので、クレッフィを両壁にして数値をもっと積極的に補強するか、ちゃんと命中安定の大火力(ニンフィアとか)を用意するか、全員で「だくりゅう」の波状攻撃を仕掛けるなどしないといけないと感じた。その点で既存の雨PTは理にかなっているのかなと思う。

なんかどのPT記事も反省点が「ニンフィア重い」か「ニンフィア入れればよかった」のどちらかになってる気がするので、次は「ニンフィア入れなくてよかった」を目指します。

サーナイトスタン

f:id:poketab:20160526183330p:plain
トリプルレートにて使用

【概要】久しぶりに何のギミックもないグッドスタッフ。まあ、無難に強いです。
他のサーナイト入りPTに比べると、ギャラドスサザンドラが採用できているぶん晴れPTや雨PTに厚く、トリル耐性も高め。一方で、フェアリー耐性の2枚が強い型ではないため、サーナイトミラーやメガネトゲキッスに弱くなっている。一応ハイボ封印はありますが、対ニンフィア性能も低い方でしょう。
以下、個別解説。

f:id:poketab:20150219141050p:plainサーナイト
175(252)-x-107(172)-166(44)-136(4)-105(36) サーナイトナイト トレース→フェアリースキン
メガシンカ時:175(252)-x-107(172)-210(44)-156(4)-125(36)
ハイパーボイス/トリックルーム/ふういん/まもる
威嚇込みで陽気メガガルーラねこだましすてみタックルをそこそこ(77%)耐え
ヒードランの珠ラスターカノンを13/16で耐える
ハイパーボイスガルーラをほぼ半分
メガシンカ後最速バンギラス抜き

〈解説〉構築の軸となる全体技エースとして採用。ニンフィアと比較した場合、「まもる」「トリックルーム」を使った小回りの効く立ち回りと数値の高さを両立できるうえ、「おいかぜ」との組み合わせも強い。上にも書いた通りPTのフェアリー耐性2匹がどちらもニンフィアへの遂行に不安定な面を持つため、相手の「ハイパーボイス」で簡単に崩されないように「ふういん」型とした。
これにより相手が「ワイドガード」を押しているだけで何も出来なくなってしまったが、強力な単体技ポケモン複数採用できているし、パラセクトで詰む恐怖と戦わなければいけない点以外はそこまで問題にならなかった。

f:id:poketab:20160519184500p:plainギャラドス
197(212)-161(12)-118(148)-x-121(4)-118(132) こだわりハチマキ いかく
たきのぼり/じしん/おんがえし/ほえる
威嚇込みで鉢巻ブレバ最高乱数2連続以外耐え
ギルガルドの道具なしシャドーボールを最高乱数2連続以外耐え
追い風下で最速スカーフランドロス抜き
たきのぼりで181-121メガガルーラを確定2発 無振りヒードランを確定一発
威嚇込みのたきのぼりでB4振りドリュウズを高乱数一発(13/16)

〈解説〉PTの組みやすさではランドロスに分があるものの、単体性能だけで言うならそのランドロスに勝るとも劣らない威嚇ポケモン。メインウェポンが単体技になったかわりに、通りがよく水耐性もついたチョッキランドロスという感じでしょうか。電気には弱い。
サーナイトを使うにあたり障害となってくる炎・鋼に強いポケモンとして採用。「にほんばれ」下でも十分にリザードンと撃ち合える火力がある。炎・鋼への遂行技として「たきのぼり」と「じしん」、またPT単位で重いマリルリカメックスへの打点として「おんがえし」、最後の「ほえる」は滅び耐性を出せる部分がここくらいだったので隙間を利用する形で採用。

f:id:poketab:20160526190149p:plainヒードラン
ひかえめCSぶっぱ こだわりスカーフ もらいび
ねっぷう/ラスターカノン/かえんほうしゃ/オーバーヒート
ラスターカノンで無振りテラキオンを確定一発 171-111くらいならふくろだたきと合わせて確定
晴れオーバーヒートで181-121ガルーラを確定一発
クロバットの威嚇込みブレイブバード+ねっぷう2発で181-121ガルーラを高乱数(97%)
威嚇なしブレイブバード(もしくは威嚇込みたきのぼり)+オーバーヒートで181-121ガルーラを確定

〈解説〉ギャラドス同様炎と鋼への耐性を出しつつ、テラキオンを上から縛れるポケモンとして採用。サーナイト構築はガルーラを筆頭にS100族前後のポケモンが重くなりがちなので、それらを抜き去って範囲技を打てるポケモンの存在は大きい。技は採用理由から「ラスターカノン」、範囲技でダメージ効率の良い「ねっぷう」、命中安定の「かえんほうしゃ」に加えて、削れたガルーラや高速ポケモンを縛る「オーバーヒート」としましたが、命中率を割り切るならば「かえんほうしゃ」を切って「だいちのちから」を採用し、ヒードランで詰まないようにしておいた方が良いかもしれません。

f:id:poketab:20160419053032p:plainクロバット
192(252)-111(4)-110(76)-x-118(140)-170(36) ラムのみ せいしんりょく
ブレイブバード/おいかぜ/ちょうはつ/にほんばれ
A177親子愛すてみタックルほぼ耐え
C156雨珠ハイドロポンプ確定耐え
威嚇込みブレイブバードラスターカノンで175-101-156(鉢巻ブレバ耐え)のメガサーナイトを高乱数(85%)
最速ガブリアス抜き

〈解説〉このPTのS操作役として採用。「ねこだまし」の効かないS操作のため、耐久力のないサーナイトを守らせながら「おいかぜ」を張る動作が止められにくく、相性が良いです。対雨PTにおいて怯まずに「にほんばれ」を押せる点も強い。配分は、もっとSに割いてスカーフドランの上から「にほんばれ」を押せるようにする選択肢もありましたが、そこまで強い動きとも思わなかったため、対雨で安定して行動できるHDベース。
持ち物は「ダークホール」や「でんじは」相手にも安定してS操作できるラムのみ一択。

f:id:poketab:20160519184501p:plainハリテヤマ
219-172(132)-107(212)-x-101(164)-57 *いじっぱりS個体値4or5 カゴのみ あついしぼう
インファイト/はたきおとす/ねこだまし/ワイドガード
194親子愛捨て身確定耐え
ひかえめ珠ヒードランかえんほうしゃラスターカノン確定耐え
追い風下で準速60族抜き
最遅60族-1

〈解説〉ここまで岩技が一貫しているため、「ねこだまし」と「ワイドガード」が使えて岩耐性のあるポケモンとしてハリテヤマを採用。前に出したいポケモンが多いPTなので、コジョンドサワムラーに比べて繰り出し性能が高い点を評価しています。クロバットを採用したことでギルガルドに打点のないポケモンが増えたため、「はたきおとす」も確定。

f:id:poketab:20160519184502p:plainサザンドラ
199(252)-x-119(68)-166(44)-116(44)-131(100) こだわりメガネ ふゆう
あくのはどう/りゅうのはどう/だいちのちから/りゅうせいぐん
臆病メガカメックスねこだましはどうだんを確定耐え
準速カメックス抜き
ガルーラのけたぐり、ランドロスのばかぢから、ギルガルドシャドーボールラスターカノン等を耐える
無振りギルガルドあくのはどうで高乱数1発(14/16) あくのはどうで無振りメガガルーラを確定2発

〈解説〉PTの耐性を埋めつつ高火力で相手を崩していくポケモンとして採用。主に対水・霊・キリキザンあたりを想定している。技はどれも遂行技なので特に言うところはないですが、サーナイト入りはガルーラに隙を見せると一瞬で負けるPTなので、ガルーラの前でできるだけ動かせるような耐久配分にするのが良いでしょう。



【総評】スカーフドーブルを抜けるポケモンがいないし、ドーブルが重いなーという印象だったけど、他のPTでも大差ないかもしれない。クロバットは一見強力なドーブルメタっぽくも見えるが、結局スカーフダークホールを止められるわけではないし、ねこだまし通るしでペースを握られることに変わりはない。守る持ちが少なく、挑発があっても横を守るのが間に合わなかったりするのもよくない。

f:id:poketab:20160529004949p:plain
色違いサーナイトを使うと「魔女の館」感がすごくなるので、おすすめです。

眼鏡ハイボ1.5耐え

f:id:poketab:20160331230846p:plain
行動保障の目安として、意識しておいていいラインな気がする。


・眼鏡ニンフィアのダブルダメージフェアリースキンハイパーボイス
・命の珠ギルガルドシャドーボールラスターカノン
・眼鏡サザンドラあくのはどう
・命の珠ヒードランかえんほうしゃ

これらの火力指数はほぼおなじ。つまり、1.5耐え調整しておくとそれだけで
・上記の攻撃の急所
・上記の攻撃に「てだすけ」を乗せたもの
・上記の攻撃を半減した後、同じ指数の別の攻撃をもう1回
・晴れorもらいびヒードランの珠かえんほうしゃ
耐え調整になる(多少誤差はあります)。

例えばハイボ1.5耐えサンダーは珠ギルガルドラスターカノン+眼鏡ハイボを耐えるし、1.5耐えカポエラーは眼鏡あくのはどう+珠シャドーボールを耐える。


また、サポート系特殊ポケモンの弱い攻撃は、0.5ハイボ前後の火力に収まっていることが多く、「強めの攻撃」+「弱めの攻撃」の集中攻撃を受けても生き残れる可能性が高い。
4振りサンダーの10まんボルト………0.557
4振りロトム10まんボルト…………0.484
4振りトゲキッスエアスラッシュ…0.451
4振りモロバレルエナジーボール…0.407
サンダーはちょっと強すぎるけど、これでも眼鏡ハイボと合わせて75%以上耐える(急所率込み)。



いろいろな1.5ハイボ耐え調整
f:id:poketab:20160519184456p:plain221-106
f:id:poketab:20160519184501p:plain219-107
f:id:poketab:20160519184502p:plain199-118
f:id:poketab:20160519184458p:plain197-119  f:id:poketab:20160519184503p:plain
f:id:poketab:20160506155017p:plain194-121  f:id:poketab:20160515061110p:plainf:id:poketab:20160519184500p:plain
f:id:poketab:20160515072718p:plain173-136  f:id:poketab:20160519184459p:plainf:id:poketab:20160519184506p:plain
f:id:poketab:20160519184457p:plain157-150  f:id:poketab:20160519184504p:plain
などなど

H252 D4振りのズルズキン(172-136)がギリギリ届いてなくて惜しい。
ぴったりこのラインになるなら敬意を評してズルズキンラインと呼びたいところだった。